外壁塗装をするべきタイミング

外壁塗装は家の手入れとして、重要な位置を占めています。

かなり定期的にやる必要があり、十年程度に一度はやったほうがよいとされています。



二十年、三十年と使える外壁もありますが、やはり見栄えが悪くなる可能性があります。

そうならないようにするのが、外壁塗装です。
それに当たり前ですが実用的なメリットもあります。

それは一つは断熱性です。

これは熱しにくくやる、ということでもあり、寒さからも強くなります。

要するに外が暑いときには涼しくなりますし、寒いときには内側の暖房の熱が外に出ないようにできます。


そうしたことも外壁塗装によって実現できるようになっています。
綺麗になる、と言うこともメリットではありますが、実用性があってこその工事です。



外壁塗装はなかなかその効果を理解できない素人が多いです。

そもそも建築に関しては大抵の人が素人であるわけですから、これはある意味では仕方ないです。

ですから、信用できる塗装業者を見つけるのが大事です。意外と作業の費用の相場がよくわからないからです。
職人の日当次第でもありますから、業者によって同じ作業であろうとも金額が違ってくることになります。
これはどんな工事にも言えますが、素人が相場を知ることは不可能に近いです。



しかし、比較はできます。

いくつかのところから見積もりを出してもらって、安いところに依頼します。


但し、技術的なこともありますから、安さのみで判断はしないほうがよいです。